works住宅

N邸

岡崎市
木造2階建

N邸は住宅街の一角にあるため、通りに面した部分は平屋の高さにし、周囲に圧迫感を与えないように計画した。
門とLDKの間に中庭を配置することで、通りからの視線を気にすることなく、家の中に十分に光や風を取り込める計画とした。

外観
外観1  LDK1  LDK2  たたみコーナー  外観2 

ヽ梓傳

■味庁烹
LDKは中庭を囲むようにL字型になっている。

LDK2

い燭燭潺魁璽福
LDKとの間仕切戸は全て引き込めるようになっている。
親戚が集まった時にはダイニング部分から繋がって、大勢で食事もできる。

コ梓傳